顔脱毛

【注意!】顔脱毛 人によってはトラブルも・・・

目を閉じ両手を頬によせる女性

顔脱毛は肌をツルツルにするために役立ちますが、人によっては肌トラブルの原因となるので注意が必要です。ここでは肌荒れを避けながら処理する方法について紹介しています。安全に脱毛をすれば肌荒れを防ぎつつ、どのような部位でも綺麗にできます。顔の産毛を綺麗に処理したい人は、安全に処理する方法を実践してください。

実は顔の産毛も脱毛できるんです!顔脱毛のメリット

色白の人だと顔の産毛も目立ってしまうでしょう。チクチクしたヒゲだとシェービングで剃るしかありませんが、産毛の処理のために剃るという選択は好まない人がいます。シェービングをするために肌を乾燥させて、かゆみや炎症を発生させることがあるからです。とは言っても産毛を毛抜きで1本ずつ処理するわけにはいきませんし、除毛クリームなども適していません。除毛クリームはシェービングと同じくらい、肌にダメージを与えてしまうのです。だからと言って脱毛ワックスで処理するには毛が短すぎますし、脱毛ワックス自体が顔脱毛に対応していないことが多いです。

そこで役立つのがエステサロンや医療機関の顔脱毛で、毛根に光やレーザーを照射してツルツルにできます。毛を段階的に薄くしていけるので、次第にツルツルになっていくでしょう。完全なる無毛にすることは不可能ですが、見た目は大体無毛になるので気にするレベルではありません。顔がツルツルになると面倒な自己処理が不要になりますし、美肌作用を期待できるメリットもあります。肌の艶が復活したという人もいれば、ニキビが解消したという人もいます。スキンケア用品もしっかりと浸透するなど、アンチエイジングを実感したい人に最適です。顔は最もよく見られる部位ですから、自己処理は避けてプロに処理をまかせましょう。

顔脱毛は人によってトラブルが起きることも

あごを触る女性
エステサロンや医療機関の顔脱毛は非常に効果的で、前者は減毛、後者は永久脱毛ができます。ほぼ目立たない状態にまでツルツルにできるので、処理後はケアがぐっと楽になります。ただ顔脱毛をしている期間中は、肌トラブルが発生する可能性がある点だけは注意しておきましょう。光やレーザーには一定のダメージがあるため、肌が赤くなるなどのトラブルが報告されています。ひとたび肌が赤くなっている状態は、バリア機能が低下しているのです。バリア機能を回復させるためには、脱毛後にしっかりと保湿することが重要になります。

そもそもエステや医療脱毛でトラブルが生じるのは、肌が耐えられる範囲を超えた刺激を与えているためです。刺激を受けると肌が敏感になってしまい、よりトラブルのリスクが高くなります。具体的なトラブルは炎症や痛み、埋没毛などが多いです。ほかにもニキビや毛嚢炎を招いてしまう可能性もあるため、適切な出力で処理してくれる機関を選んでください。エステサロンや医療機関を選ぶときは、過去の実績を確認すること、そして使用している脱毛機を確認することが大切です。顔という見える部位にトラブルが発生すると、現実的にマスク以外で隠すのは難しいでしょう。顔の肌状態は常に変化しているため、脱毛するたびに肌チェックをしてくれるエステサロンや医療機関が好ましいです。

肌トラブルのリスクを減らすには?

ポーズをとる女性
顔脱毛のリスクを軽減するには、処理回数を増やす方法が効果的です。確かに出力を上げるほど脱毛効果は高くなりますが、肌トラブルのリスクは高くなります。安全に脱毛をするためには、出力を少し弱めに設定するのがコツです。すると処理回数が増えますし、脱毛期間も長くなりますが、肌トラブルのリスクは減るでしょう。顔は全身の中でも刺激に弱いため、脱毛出力を抑えて処理する必要があります。実際に平均的な処理回数をエステサロンや医療機関の公式サイトで確認すると、顔は処理回数が多く設定されているでしょう。顔とVIOはダメージを受けやすいので、他の部位の1.5倍以上かかることが少なくありません。

肌荒れのリスクを減らす方法には、日常的に肌に刺激を与えないこともあります。例えば紫外線を大量に浴びている、脱毛当日にハードな運動をしたり、サウナを利用したりしているなど。脱毛当日は肌が敏感になっていますので、肌にダメージを与える方法は好ましくありません。肌を元気に維持するためにも、脱毛施術後の生活が重要になります。乾燥やヒリヒリを感じる部分は、よく保湿しておくことが大事です。保湿が不足している部位はダメージ耐性が低下しているので、些細なことで肌荒れを引き起こします。化粧水でたっぷりと保湿をしてから、クリームを塗って水分を閉じ込めてください。

まとめ

エステサロンや医療機関の顔脱毛なら、産毛も綺麗に処理できます。意外と目立ってしまう産毛がなくなるだけで、肌のハリや透明感が増すでしょう。顔脱毛の注意点は肌トラブルを引き起こしてしまうリスクがあることです。リスクを軽減するためには、適切な出力で処理をすること、そして処理後のケアを入念に行うことがポイントになります。