産毛トリビア

恥ずかしい!顔の産毛失敗体験談

フェイシャルスキンケアを気にする女性

顔の産毛の処理に苦労している女性は案外多いです。顔の肌は他の部位と違ってデリケートで処理を慎重にしなければいけません。更に顔の産毛はその人の第一印象を左右してしまう可能性があります。産毛処理に失敗して恥ずかしい思いをしないように、適切な方法を選ぶ必要が出てきます。より美しい女性になるための第一歩です。

実は顔の産毛も脱毛できるんです!顔脱毛のメリット

脱毛と聞いてイメージするのは大半の人は手足や脇などの体の毛の処理ですが、実は顔の産毛も脱毛出来るんです。顔の脱毛は美容サロンや医療機関など幅広いところで行っています。自己処理で脱毛をしてしまうと余計に産毛が目立ってしまったり、肌を傷めてしまったり、肌にばい菌が入ってしまって赤くニキビのようになってしまうことが多々考えられます。
そんなリスクも顔の産毛脱毛ならば心配不要です。まずその道のプロが肌に最も負担のかからない方法で脱毛してくれますし、適切な処理によって毛も全く目立たなくなります。しかも脱毛することによって新たに産毛が生えてくる頻度が激減します。永久脱毛ならば、全ての処置が完了した後は産毛に悩まされることもありません。それだけではなく、産毛が綺麗に処理されることによって肌の色が明るくなる効果もあるんです。肌がくすんでいたり、ファンデーションをいつも厚塗りしなくてはいけない人は顔脱毛に切り替えるだけで違った印象を残せます。どうしても毛は黒いですからくすんだ印象を与えてしまうので、脱毛したことでよりメイクが楽しくなること間違いなしです。他にも、自分で頻繁にしていた処理が必要なくなることにより肌への負担も激減します。カミソリや毛抜きでの処理は負担がそれだけ大きいのです。

顔の産毛は一体どこまで生える?!体験談から調べてみました

布で顔を隠す女性
放置するとどんどん生えてくるのは勿論ですが、毎日チェックしていても自己処理が甘いことがあります。毛が濃い女性ならば尚更で、それは想像を超えるほど大変です。
普段、自分の顔を鏡で見ていても毛は思わぬ部分に生えてきます。例えばきちんとチェックしたはずなのに口周りの部分や眉毛の周辺が処理出来ていないことが多々あります。ファンデーションを塗っても隠しきれていなかったり、彼氏とのデート、歯医者さんなどで恥ずかしい思いをした女性も多いはずです。カミソリや毛抜きでは処理が不十分なパターンもあります。毛が濃い人の失敗エピソードとしてよくあるのが「歯医者に行った後に鏡を見てみたらアゴ周辺の毛がちゃんと剃れていなかったので、次からは慎重になった」「彼氏と外でデートしていたら産毛が生えているのを指摘された」など、顔から火が出そうな体験が豊富に出てきます。「彼氏とクレープを一緒に食べていて、口についた生クリームを取ってもらおうとしたら苦笑いされた」という何とも悲しい話も。他には「1日処理を怠っただけで誰にも会えないほどの顔になってしまった」というエピソードもあります。顔の毛はその人の印象を決めてしまうこともあるので、特に異性とのデートの時には最も気をつけたい部分であることは間違いないです。

カミソリで剃った人の顔の産毛の失敗エピソード

女性カミソリ
カミソリで剃った場合によくある失敗が、ちょっと油断した時に自分の肌を傷つけてしまったというものです。カミソリは刃物なのでよく切れます。いつも使っているものだからと油断していると思わぬトラブルになってしまうかもしれません。お風呂場で毛を剃っていて、血だらけになった人も少なからず存在しています。いつも危険と隣り合わせだということを忘れてはいけません。また、最も大きな悩みといえばカミソリで処理した後は、剃り残しがあったり以前よりも毛が目立ってしまうことです。自己処理には限界があって、剃れたと思っていてもきちんと剃りきれなかったり、根本から毛をなくすものではなく表面だけを目立たなくさせるものなので剃った角度で濃く見えてしまいます。これを繰り返していると前より段々毛が目立っている印象を与えてしまいます。他にも、カミソリで処理をするとどうしても肌に負担がかかりやすくなります。肌の弱い人だけでなく、普段問題のない人でも赤くなったりということが考えられます。ケアする際に水や泡で保護していても決して十分ではありません。「最近何だか肌が荒れてきた」と悩んでいる原因は、案外カミソリによる処理の仕方に問題があるのかもしれません。このように自己処理に関する肌トラブルは多くあり、より肌の負担を減らすためにもプロによる脱毛が望ましいです。

まとめ

産毛の処理は断然、脱毛がおすすめです。カミソリや毛抜きで行ってしまうと肌への負担が大きいです。一歩間違えればカサカサな肌になってしまう可能性すらあります。何より気にしていた毛が以前よりも濃い印象を与えてしまう可能性もあります。メリットとデメリットを考えた時にどちらの方法が自分にとって最適なのかは明らかです。